HOME >補聴器

風が吹く、鳥が鳴く、それを音源とした空気の波が、集音器である耳介を通って耳穴に入り、奥にある鼓膜や耳小骨で振動音は大きくなります。そして蝸牛の中で振動音は電気信号に変換され、どんな高さ(周波数)がどんな強さか分析し分類され、聴神経に運ばれ、最後に脳が記憶を照合しそれが何の音かを決定します。この過程を経てはじめて“音”は聴こえるのです。

 

補聴器には、その形状により、大きく分けて上の3つのタイプがあります。またその中でも、難聴度、性能によって、様々な種類があります。聴こえの程度と、予算に見合った補聴器を選ぶ事が出来るでしょう。


人の感覚器の中で、目と耳だけが、ふたつずつあるのはなぜでしょう。それは、視覚と聴覚の場合、距離と方向を正確に捉える必要があるためなのです。危険な物があったり、近づいている時に、とっさの判断をするためにどうしても必要だからです。


  • 音の方向感・立体感がはっきりします。
  • 明瞭感が増し、聴き取りが良くなります。
  • 片耳装用より、ボリュームを抑えられますので、疲労を感じる事なく自然に聴く事が出来ます。
  • 騒音の中で会話がより聴きやすくなります。

デジタル補聴器は、調整にコンピュータを使用し、マイクに入ってきた音をデジタル信号に変換して、補聴器内部で周波数ごと(高い音や低い音)に様々な処理を行い、装用者の難聴の種類に合わせて細かな調整が出来ます。
例えば、マイクに入ってきた音の中から雑音部分だけ抑えたり、言葉の明瞭度に必要な子音を強調したり、頭に響くような甲高い音を抑え耳に優しい音に変えたりと、今までの補聴器では、不可能だったことが出来るようになりました。
なかでもNJHのデジタル補聴器は、言葉の聞こえを強調したまま雑音だけを抑え、また嫌なピーピー音(ハウリング)を抑える機能に優れており、環境に柔軟に対応する優れた音声処理が可能になりました。
このような細かな調整が出来るデジタル補聴器が、現在主流となっています。



  • 静かな場所で周囲の物音に耳をすませてみましょう。
    最初からうるさい環境だといろんな音が入ってきて、うるさく感じてしまいます。
    最初は1時間くらいでやめましょう。
  • 静かな場所で、ひとりごとやほんの朗読をゆっくりとしてみましょう。
    補聴器を装用すると、自分の声が少し違って聴こえます。それに慣れるようにしましょう。
  • 静かな場所で、身近な人と向き合って1対1で会話してみましょう。
    相手には、ゆっくりはっきり、話してもらいましょう。相手の口や手振り、身振りもよく見ましょう。
  • 慣れてきたら、今度は3?5人くらいの人に会話してもらいましょう。
    どの人が話しているのか、注意して聴いて下さい。
  • テレビやラジオを聴いてみましょう。
    機械音であるため、これらの音は本来聴きづらいのですが、いつもより、小さめの音で聴いてみましょう。
  • 会話の聴き取りにも慣れてきたら、日常生活の様々な場所に行ってみましょう。
    音量は少し小さめにして聴いてみましょう。
  • テレビの音を上げすぎると家族から言われる。
  • 声は聞こえるのに言葉として聞き取りづらい。
  • 会話中に聞き返しが多くなった。
  • 少し離れた場所から名前を呼ばれても気づかないことが多い。
  • 電話の音やチャイムが聞きづらくなってきた。
  • 車が近づいて来たことに気づくのが遅れる。



福祉

お客様の声